ケイズファクトリー

Home > リビング > ケイズファクトリー

不織布袋・紙袋・エコバッグの印刷やオリジナル作成|ケイズファクトリー

バッグの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不織布袋・紙袋・ポリ袋・エコバッグ・ショッパー袋など各種袋物、包装用品の印刷やオリジナル袋作成。小ロットから大ロットまで、安価なものから高品質なものまで、あらゆるお客様のご要望に対応いたします。

オリジナルバッグは、よく専門業者が活用されています。ただ専門業者に依頼する際には、所定の料金を払う事になります。その具体的な料金は、バッグに対する色次第です。具体的にどの程度の色数にしたいかにより、料金も変わってきます。ちなみにパソコンなどで画像を作りたい時などは、ソフトにより色数も異なります。8色程度に限定されるソフトもあれば、250色程度利用できるソフトなど、とても多彩です。後者のように、多くの数の色を使用できれば、最終的な見た目も良くなる事はあります。採用されている色が多いなら、見た目が美しくなる傾向はあります。ですから色の数は、制作物の出来栄えを大きく左右する訳です。それはオリジナルバッグも例外ではありません。専門業者に依頼する際には、色数などはある程度指定できますが、それは料金にも大きく関わってきます。例えば色数が200程度でしたら、依頼料金が1つ100円程度だとします。それに対して色数が2000程度ですと、料金は300円といった具合です。この料金差が生じる理由の1つは、完成するバッグの出来栄えです。多くの色が採用されているバッグでしたら、それなりに見た目も良くなると見込まれますから、料金も高めになってきます。したがってオリジナルバッグの制作を依頼したい時には、色の選定は1つのポイントになります。できる限り費用を抑えたい時には、色数を少なくする選択肢も浮上してくるからです。逆に費用というよりも、出来栄えを重視したいなら、色数を多くする選択肢もあります。色数だけではありません。バッグのサイズなども、料金には関わってきます。専門業者に依頼する際には、サイズはある程度選ぶ事は可能です。ただしサイズによって、料金も変わってくる訳です。一般的には大きなサイズになるほど、業者に対する依頼料金も高くなる傾向はあります。すなわち専門業者に対する料金は、色数やサイズなど複数の要素に左右される訳です。

注目キーワード

マイバッグ
買い物用に消費者が小売店に持参する繰り返し使用できるバッグのこと。エコバッグとも呼ばれ、四角い形状をしていて持ち手が2本あるトートバッグなどが主流である。
エコバッグ
小売店が渡すレジ袋を使わず、消費者が持参する買い物用のバッグのこと。マイバッグとも呼ばれ、マイバッグ運動に用いられる。環境保護や資源保護のためのレジ袋削減を目的として使用する消費者が多い。 ※2007年、...