京生麩のお店 愛麩

Home > リビング > 京生麩のお店 愛麩

京生麩のお店【愛麩】 平安神宮境内

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

京都と聞くと様々な名産品を思い浮かべる人が多くいますが、その中でも多くの人が考えつくのが扇子になります。扇子は非常にたくさん販売されていますし、京都であればどこでも購入ができるので、1つ旅の思い出に購入をするのを考えてみても良いかもしれません。またプレゼントとしても非常に喜ばれる一品になります。若い人でも、年配の人でも扇子を集めていると言う人はたくさんいます。遠くの場所で生活をしている場合は、京都の扇子を手に入れられる機会が非常に少ないです。そのため購入をしてあげると非常に喜ばれる傾向があるので覚えておきましょう。京都の扇子には特徴があります。もちろんたくさんの種類が販売されていますが、基本的には非常に目立つデザインになっている場合があります。何か描かれている場合もありますし、デザインはシンプルだが色使いが非常に派手と言う場合があります。この目立つ扇子と言う部分が多くの人に受け入れられている理由になると言えるでしょう。京都に旅行に行く人の中には、全く扇子に興味がなかったと言う人もいます。しかし実際に京都に足を運んで、商品を確認すると徐々に興味が湧いてくるなどの場合もあるので、自分のために購入をする人も多くいますし、プレゼントをするために購入をする人もたくさんいます。扇子を購入すると自分にも大きな魅力があると覚えておきましょう。扇子はあまり大きさもありませんし、重さもありません。そのためまとめてどこかの場所で購入をしても、持ち運びをする際の負担になってしまうことが少ない物になります。お寺などでも購入が可能ですし、場合によっては空港や駅などでも販売されている場合があるので、比較的どこでも購入できる魅力もあります。夏の時期でなければ喜ばれないのではと心配をしてしまう人もいますが、基本的にはいつの時期でも喜んでもらえるお土産にもなるので、どんな物を購入していくべきなのか悩んでいる場合は扇子を選択肢の中に入れてみると良いでしょう。

注目キーワード

日本料理 龍吟
日本料理
日本で独自に味付や調理法が発達した料理。一般には「和食」と呼ばれている。日本独自の料理であってもオムライスやハヤシライスなどの日本人の好みに合うように西洋料理をアレンジして生まれた「洋食」と呼ばれてい......