アテネ・フランセ

Home > 習い事 > アテネ・フランセ

アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

フランス語を習うのが長年の夢でした。アメリカの会社に入社したので、英語は話せるのですが、英語を話せる人は多いため他の語学も習得したくなりました。 父親の仕事の関係で幼少時よりフランスで過ごし、フランス語を流暢に話す同僚がいて憧れていたこともあり、フランス語を習ってみようと気軽な気持ちで体験レッスンを受けました。 会社が、東京でも有名なフランス語学校の近くにあるので、その学校に通うことにしました。コースが多く初心者でも安心して通えるのが学校選びのポイントでした。教師のレベルが高いことはわかっていたのですが、すごく魅力的な先生で授業も楽しいです。 教え方が上手なだけでなく、人間的にも深みがあり魅力がある先生なので、毎回授業を受けるのが楽しみです。 学生時代と違って、社会人になってから新しく語学を学ぶのは、かなり大変です。でも、フランスに行って多くの人と会話したいという夢があるので、会社の休み時間や通勤時間を利用して、早く上達できるように頑張っています。 少し上のレベルを受講しようと考えていたのですが、レベルに合った初心者のための講座を受けて正解でした。初心者用の講座でも、何とかついていけてるような状態なので、早く上のレベルに上がりたいです。

注目キーワード

フランス語
古代ローマ帝国支配地域で話されていた口語ラテン語(俗ラテン語)が祖語とするロマンス語の一つ. 現存する最古のフランス語文献は842年の『ストラスブールの誓約』である.中世に北フランスで話されていたオイル語......
フランス語オンリー
フランス語に限ること。