大雄山セントラルクリニック

Home > リビング > 大雄山セントラルクリニック

南足柄市・小田原市で内科や人工透析を専門に治療|大雄山駅からすぐ

病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

小田原市,南足柄市で内科や人工透析の病院をお探しの方は「大雄山セントラルクリニック」をご利用ください。透析治療は個室完備・水質管理の徹底により、安心して治療に取り組む事が出来ます。当院へお越しの際は最寄りの南足柄市大雄山駅をご利用下さい。見学受付中。

私は去年12月にインフルエンザにかかってしまいました。最初に高熱が出て、すぐに会社を早退しました。高熱が出ただけで、まだインフルエンザとは思っていなく、ただの風邪だろうと思って寝ていました。しかし、だんだんと体中が痛くなり、熱がどんどん上がっていきました。これは普通の風邪ではないかもしれないと思い、そこで初めてインフルエンザを疑いました。 会社にも何人かインフルエンザで休んでいる人がいて、私もインフルエンザについてインターネットで調べてみたところ、高熱が出てすぐの時点では、検査をしたとしても反応しないと書かれていました。そのためすぐに病院に行くことを躊躇していました。 あまりにも辛いので、実家に相談の電話をしてみました。母親は私のことを非常に心配し、インターネットで私が住む南足柄市の病院を調べてくれました。すると私の家から車で10分ほどの場所にある内科で、高熱が出た直後であっても、検査ができる病院があると教えてくれました。私はタクシーを呼んで、母親が調べてくれた南足柄市にある内科に行きました。検査をしてもらったところ、熱が出た直後にもかかわらず、インフルエンザの反応がばっちりと出ました。すぐに薬を処方してもらい、快方に向かうことができました。

注目キーワード

病院送り
格闘技などで相手選手に大怪我を負わせる事。
救急病院
1964年の「救急病院等を定める省令」に基づき、都道府県知事が告示する病院である。 その要件は、 救急医療について相当の知識及び経験を有する医師が常時診療に従事していること。 エツクス線装置、心電計、輸血...