及川医院

Home > リビング > 及川医院

秦野市の内科・透析・泌尿器科のクリニック|及川医院

病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

秦野市で内科と透析の専門治療、泌尿器科の診療を行っています。風邪の症状から、生活習慣病などの診療まで、患者さまのお気持ちを大切にした丁寧な診療を心がけております。在宅での透析や個室による透析治療も評判です。是非ご来院ください。

相模原市に住んでいる32歳女性で、2年前から秦野市の内科「及川医院」で妊娠中毒症の治療と人工透析を週3回受けています。4年前に第一子を妊娠・出産したことで妊娠中毒症を患ってしまいました。約半年、東京都内の大学病院で入院治療を受けていたいたのですが容態が安定して退院をしてからは自宅から近い及川医院でメインの治療をお任せしています。初診時に院長先生に診て頂いたのですが、「長いお付き合いになりますが一緒に頑張りましょうね」と声を掛けてくださったのがとても嬉しかったです。看護師さん達もお優しい方ばかりで、妊娠中毒症という病を患ったことや生まれた息子まで障害を持ってしまったことなど悩みを打ち明けても黙った聞いてくださり良いアドバイスをしてくださってありがたいです。人工透析を受ける際は10人部屋で行なうのですが、ベッドの間は広くて壁もあり他人の目が気にならないのが良いです。約6時間の処置を週3回受けるのですが、ベッドサイドには液晶テレビがあってDVDも豊富に備えられているので退屈はしません。相模原市の自宅から秦野市までは約40分ほどの距離なので、無料の送迎サービスも受けることが出来ています。通院に負担もかからず患者にとっては通いやすくていいところです。

注目キーワード

野戦病院
戦場に置かれる病院。
慶應病院
東京都新宿区信濃町にある慶應義塾大学医学部の大学病院。正式名称は慶應義塾大学病院。 →慶應義塾大学病院