mormor

Home > サービス業界 > mormor

東京でベビーシッターならモルモル

赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京でベビーシッターサービスを提供しているmormor モルモルのホームページです。気軽でシンプルなベビーシッターサービスが1時間1900円から。リフレッシュ利用も大歓迎、働くママの仕事と子育ての両立を応援しています。

主人の転勤に伴い、アメリカから東京に引っ越しをしてきました。アメリカで五年程生活してきましたが、ベビーシッターを時々利用し、夫婦の時間も大切にしてきました。日本でもそのスタイルを崩したくないと思ったので、ベビーシッターを利用しようと思ったとき、友人からのすすめでモルモルを利用する事にしました。子供は日本語も話す事ができるので、その点は不安ではなかったのですが、はじめて日本人の方のベビーシッターにみてもらうという事で、どのように過ごすのか心配ではありました。しかし、帰ってから子供の話を聞くと、とても楽しい時間を過ごすことができたのが伝わりました。これからも依頼するよという事を伝えたら、楽しみという言葉を聞く事ができたので、二回目からは私たちも安心して家をでる事ができるようになりました。子供としっかりと向き合ってくれるので、暇な時間を過ごす事もないため、こちらを利用した後は熟睡しています。報告も丁寧なので、どのように過ごしたかという事がしっかりとわかります。次の転勤までは、継続して利用していきたいと考えています。今のところ、指名したベビーシッターの方に来てもらう事ができていますが、様子をみているとどの方でも信頼できると思うので、安心して利用できます。

注目キーワード

赤ちゃんポスト
事情があって親が育てられない新生児を受け入れる施設。日本では熊本市の慈恵病院が初めて設置し、「こうのとりのゆりかご」と名づけられている。ドイツではベビークラッペと呼ばれ、すでに100以上の施設が導入さ......
赤ちゃん泥棒
Raising Arizona/1987年 asin:B0007WZTRK:detail