浪貝畳店

Home > リビング > 浪貝畳店

世田谷区の畳張替えなら浪貝畳店|畳の新調、リフォームなどもご相談下さい

畳の関連情報

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材。芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。 畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562 m2)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、田舎間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の4種類が有名である。この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都世田谷区太子堂で畳張替えなら浪貝畳店まで!!新調、リフォームなど何でもご相談ください。また、襖・障子についてのご相談も受け付けておりますのでお気軽に御相談ください。

築10年になる我が家には和室が1室あるのですが、そろそろ本格的に畳張替えを考える必要が出てきました。そこで私は世田谷区に住んでいますので、その周辺で何処かいいところはないかなと探していたのです。 そんな矢先に見つけたのが、浪貝畳店さんでした。こちらは世田谷区内にあるということで近さも魅力でしたし、ホームページ上に細かな料金も書かれていて安心できました。そして連絡をするとすぐに来てくれたのも助かりました。更に驚くことに現場で再度無料での見積もりを行ってくれ、家具の移動も全てスタッフさん方でやってくれたのです。もう至れり尽くせりといった感じでした。 畳の種類に関しては全く知識はなかったものの、色々サンプルも見せてくれ作業直前まで悩む時間を与えてもらいました。こういった心遣いも嬉しかったです。肝心の作業はもっと時間が掛かると思っていましたが、1時間ほどで終わり仕上がりにも大満足です。何よりスタッフさんの愛想も良く、心が温かくなりました。 最終的に料金は、6畳分の張替えで5万円弱となりました。国産の畳でこれだけの価格なので、個人的にはお得だったと感じています。なかなか張替えする機会のあるものではないですが、次の機会にもまた必ずこちらのお世話になりたいです。

注目キーワード

四畳半
六畳と並んで日本の家屋を代表する部屋の間取り -ときわ荘は四畳半一間で それでも当時両国森下の二畳の部屋から移ってきた 藤子不二雄の二人には四畳半がとても広く感じられた
折り畳み自転車
自転車を構成する部分を分割あるいは折り畳み可能な構造にすることにより持ち運びや収納に適する特性を有する自転車。 フォールディングバイクとも呼ばれています。