お部屋探し支援センター

Home > 建物 > お部屋探し支援センター

東京で初期費用分割可の賃貸ならべべライズの【お部屋探し支援センター】

賃貸借の関連情報

賃貸借(ちんたいしゃく)とは、当事者の一方(貸主、賃貸人)がある物の使用及び収益を相手方(借主、賃借人)にさせることを約し、相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することを内容とする契約。日本の民法では典型契約の一種とされる(民法第601条)。 日本の民法は、以下で条数のみ記載する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京で初期費用(敷金礼金)分割可の賃貸・物件をお探しなら株式会社ベベライズ運営の【お部屋探し支援センター】に一度ご相談ください。他社さんで難しいと言われた方でも弊社にお任せください、お部屋探し支援センターでは世の中のほとんどの物件がご紹介可能です。

東京にお気に入りの賃貸マンションを見つけ、入居することとなりました。地方で暮らしてきた私にとっては、東京というのは憧れの地でもあります。自分の夢を実現させるためには、かなり痛い出費ではありますが、私の理想とするマンションで暮らしたいと考えました。実は、費用の点では思わぬ幸運に恵まれたのです。契約の最初に必要な費用として、敷金や礼金、前家賃というシステムがあって、これをかなり負担に感じていました。もちろん、仲介手数料も必要です。また、火災保険や引っ越し費用などもかかってきますので、トータルの初期費用として、少なからぬ経済的な負担がかかってきました。そんなピンチのとき、たまたまネットで、お部屋探し支援センターのことを知ったのです。なんでも、賃貸の分割払い専門サイトだということでした。要は、私が困っていた多額の初期費用を分割払いしたいときに利用できるのです。これは助かりました。早速申し込みました。お部屋探し支援センターでの一番のメリットと私が感じた点は、クレジットカードが使えるというところです。クレジットカードであれば、いま出せる現金がなくても先延ばしが可能になります。不動産関連でクレジットカードが利用できるなんて初耳でした。私の入居したいマンションにしても、クレジットカードでの分割払いのおかげで望みを叶えることができて、感謝しています。

注目キーワード

短期賃貸借契約
金融機関などが担保物件として抵当権を設定した不動産を借りるときに行う3年以内(家屋の場合。土地は5年以内)の賃貸借契約。その不動産が競売で落札され明け渡しを求められると、通常は落札者に所有権が移転してか......
賃貸借契約
*民法601条による定義 「当事者の一方(貸主)が相手方(賃借人)に、ある物の使用収益をさせることを約し、賃借人がこれに賃料を支払うことを約することによって、その効力を生ずる」有償契約のこと。 *関連キー...