Tonoホーム

Home > レクリエーション > Tonoホーム

ビーチハウスの家づくりなら茅ヶ崎のTonoホーム

海の家の関連情報

海の家(うみのいえ)とは、海沿いに建てられた施設や店舗。 企業従業員、官公庁職員、市民に対する保養のための厚生施設。 海水浴場で海水浴客の便宜を有料で提供する小屋。2.について、営業形態は主に2つある。海水浴シーズンと共に仮設小屋を建てて営業し一定期間後に撤去する形態と、建物を建設した後は季節により撤去せず、主に夏に営業して年間収益の多くをその時期に得るが、他の季節は、様々なイベントに貸し出したり、そのイベントに伴う食事の提供を行なうこともあり、また曜日や時間帯を限定してレストラン・食堂として営業する場合もある。 なお、海の家を「浜茶屋」(はまぢゃや)と呼称する地域は、山形県、新潟県、北陸三県、京都府、兵庫県(日本海側)など日本海沿岸地域、および、三重県である。 本項では、2.について解説する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

茅ヶ崎・湘南でビーチハウスの家づくりを行っています。自然のリズムに帰り、リラックスして、ありのままの自分に戻っていくような。。そんな力が海にはあります。現在は太陽の光と風が感じられる湘南・茅ヶ崎、今年はハワイ支店を開設する予定です。

茅ヶ崎でビーチハウスを購入しましたが、ウッドデッキを作りたいと考えました。海で遊んだ後に子ども達が砂のついた洋服やサンダルを干すために使いたいですし、家族でバーベキューをするときに使い勝手がよさそうだと感じたからです。庭にウッドデッキを作るスペースがあったので、茅ケ崎のリフォームや新築を請け負っている会社に相談したところ、家の雰囲気に合ったウッドデッキをおすすめしてくれました。ウッドデッキにも様々な素材があり、子どもが飛び跳ねても大丈夫なように、木製ではなく、樹脂を使った素材にすることにしました。サイズも測ってもらい、バーベキューをするときに使いやすいように使い勝手を良くしてもらうことができました。海が近いので、潮風で傷みにくい樹脂製を選んだことは結果的に良かったと感じました。施工にかかった日数は1週間ほどで、綺麗な仕上がりになったので満足しました。手洗い場もウッドデッキの横に作ってもらったので、子ども達が海で遊んでそのまま自分で砂を洗い落とすことができるようになりました。おかげでの家の中が汚れることが減りました。天気の良い日には、ウッドデッキでぼんやり過ごすことができるので最高です。