窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

Home > 建物 > 窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

サイディングの張替えについて|窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

塗替えの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

サイディングの張替えが必要な場合や注意事項、窯業系サイディング材張替えに関する知識をご説明。窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所では窯業系サイディング材の専門家として、無料相談を承っています。

建物を風雨そして太陽の紫外線や熱、更に寒さから守り常に過酷な状態にさらされているサイディングは、長年耐えられるものではありません。メーカーでも10年間は保証してくれますが劣化は避けられないものです。 サイディングは、窯業系や金属系があり最近では金属系が多く使われるようになっています。それでも窯業系の人気も高く重厚感あるデザインも豊富な為、高級感もあります。窯業系は張る場所や施工法をしっかりと行わなければ、劣化が激しくボロボロになりやすい欠点もあります。特に雪国では、雪の溜まる部分は注意が必要で雪が溶けて凍って膨張しての繰り返しで、表面が剥げて最悪の場合は底まで欠け落ちるケースもあります。 劣化が激しくなれば構造上としても好ましくないので、サイディングの張替えをする事になります。施工には様々で既存を剥ぎ取って新しくする方法や、既存の上に金属系サイディングの様な軽い素材の物を上張りする場合があります。胴縁と呼ばれる下地材が問題なければ、どちらの方法でも可能です。 サイディング張替えの際は、切断音や粉塵の飛散が生じる為注意も必要です。近隣への対応が必須で、業者が挨拶回りに行きますが施主側からも声かけがあると円滑に進みます。