株式会社三晃商会

Home > 乗物業界 > 株式会社三晃商会

中古クレーン買取と販売【三晃商会】重機や建機のことなら

建設機械の関連情報

建設機械(けんせつきかい、英語: construction equipment)は、土木・建築の作業(工事)に使われる機械の総称である。省略して建機(けんき)、または重機(じゅうき、heavy equipment)とも呼称される。人力で施工することが困難な作業を機械化したものがほとんどである。高度経済成長の時代に高層建築や道路整備などで建設機械が日本の社会資本整備に果たした成果は大きい。20世紀末から21世紀現在では、公共事業のコスト削減が叫ばれており建設機械にはさらなる作業の効率化などの役割が求められる。 日本での建設機械需要の60%強は、レンタル機の活用に移ってきている。建設業者の経営合理化に向け、機械経費削減のために、この流れはまだまだ加速している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

中古クレーンの買取販売は三晃商会にお任せください。。重機販売輸出や建設機械輸出、中古建設機械の販売・買取を行っております。

私は新潟県で建設会社を経営しています。建設という仕事をしていると、常に付きまとう問題が重機の手配です。自社ですべての重機を揃えるのは意外と難しく、現場によっては特殊車両も必要になります。重機の種類によりますが、場合によっては出番が1日しかないものもあります。1日しか出番がない重機をわざわざ購入するのはコストパフォーマンスが悪すぎます。そういったときのためは重機のレンタルをします。私の会社では、CATERPILLARホーイルローダー、 高所作業車などはレンタルを利用し、ラフタークレーンなどは中古クレーンを取り扱っている専門店で購入します。私の会社では株式会社三晃商会を利用することが多く、今までに多くの中古クレーンを購入しています。新品のラフタークレーンを購入することもありますが、コストパフォーマンスを考えると中古の方に軍配が上がります。新品のメリットとしては、好きなメーカー、仕様が選択できるという点と、アフターサービスが手厚いという点です。また、仮に不要になって売却するときも、株式会社三晃商会のような専門店で高額買取をしてもらえます。実際に私の会社でも何度かラフタークレーンの買取をお願いしました。

注目キーワード

建設機械施工技士
日本の建設関連の国家資格の1つ。日本建設機械化協会が試験を実施している。1級と2級がある。
ボルボ建設機械
英文表記:[]Volvo Construction Equipment[] スウェーデンに本拠をおく、重工業グループ「[]VOLVO[](ボルボ)」で建設機械の製造を行っている会社。 :[]関連[]:→ VOLVO PENTA